転職・就職活動にはプロデュース力が必要

転職活動や就職活動が資格取得と違う点が、

「相対評価」「他者評価」という要素です。

企業から選ばれるという立場、採用選考者は人間である、という事を深く理解し、自分を状況に合わせてプロデュースする意識の有無が成功に直結します。

要するに、
①評価される企業(職種)を選ぶ
(勝てるフィールドを選ぶ)
②レジュメを応募企業だけのための提案書と捉える
③面接とは他者からみて評価されるポイントを明確に伝える場である
(決して自分が話したいことをアピールする場ではない)

自分の存在を他者のために徹底的に演出するところに転職・就職活動を成功させる大切な要素があります。

次回からは、このプロセスを具体的に説明させていただきたいと思います。

今日も素敵な一日にして行きましょう!

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)