年収がダウンする人の特徴「言い訳する人」

 

日々、全力で仕事に向き合っているからこそ、失敗や挫折も多くなります。

高い目標を掲げているからこそ、障壁も高く、心が折れそうな時もあります。

 

年収がダウンする人の特徴として、「言い訳する人」「権利ばかりを主張する人」というものがあります。

 

「国が悪い、会社が悪い、上司が悪い、組織がダメ、、、条件が悪い、、、」

 

転職理由の主旨が、他者への避難であったり、条件違いであったりなど、自己反省が全くない場合は要注意です。

ヘッドハンターや採用担当者は、こういった方々を早期に見抜きます。

職場を変えても人間の本質は変わらず、トラブルメーカーとなるケースが非常に多いためです。

 

ビジネス社会は想像以上に厳しい世界でもあります。

現実社会は確約された権利などありませんし、機会すらも平等ではありません。

(一部の自己啓発書が謳う「願えば必ず叶う」という確約された成功保証は現実のビジネスの世界では因果関係とは見なされません)

 

ただ、だからこそ数少ない限られた人だけに与えられる「機会」というものを大切に扱わなければならないのではないでしょうか。

 

必死に努力しても結果は保証されない。だからこそ機会に全力で挑むことは必要最低条件なのではないでしょうか。

 

物事において、本気で成功を願い挑戦している人は不平不満を考える余裕は一切ありません。

本気の挑戦者には、不平不満や言い訳というものは存在しません。

 

自分の人生から、言い訳や権利主張を消す。

 

日々精進。

コメントを残す