蓄積するという市場価値

転職市場で一時期流行した「キャリアアップ」という言葉。
最近は殆ど耳にしない。

今、企業が必要としている人材は「キャリアアップしたい人」ではない。

経験やスキルをしっかりと積んでこられて、それを活用する場を求めている人です。

要するに、「即戦力人材」となります。

「キャリアアップしたい!」という方には残念ながら「経験と実績を蓄積する」という明確なキャリア戦略を持たずに、職場を変える事で、リセットしたいという意識が多く見られます。

自己中心的なキャリアアップ意識を拭うためには、「お客様やクライアントにとって、より自分が活きる場であるか?」という意識で客観的に転職を見つめ直して、応募企業にそれを伝える事です。

絶対に面接の場で「キャリアアップ」
というワードを出してはいけません。職業人としての底の浅さが企業に伝わってしまうためです。

今一度、自身がこれまで携わってきた役割を見直して見ましょう。

今日も素敵な一日でありますように!

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)