「残業なんかしてる暇ないですよ・・・」

「残業なんかしてる暇ないですよ・・・」

とある中小企業で人事担当をしている30代半ばの候補者が呟いた一言です。

この方は自社の人材教育の体系化や採用の質向上、産業の変革に合わせた組織構築全般に社長直轄で携わっていました。

毎日の業務終了目標は18:00と掲げ、それ以降は自分自身を磨くための時間投資を行なっていました。

残業している暇がないという言葉の裏には、主体的に「仕掛ける仕事」をするための企画を行うため、情報収集や外部交流、自己啓発に勤しむという定時退社以降の目的を持っていたためでした。

「単なる作業員にならないために努力しているんです。でもまだまだなんですよ。」
そんな言葉も照れ隠しにおっしゃっていました。尋常でない努力を継続しながらも、満足する事なく歩む姿勢はその人なりの理想という目的があるからこそ継続できる事なのかもしれません。

残業の是非については環境や境遇、職種によっては避けられない問題ではありますが、残業という現象を冷静に捉えて、もっと価値ある投資や改善、自己成長に時間投資ができるのであれば、定時以降の過ごし方を真剣に考えてみてもいいのかもしれません。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)