年収がダウンし続ける人の特徴

怖いテーマですね。

 

ただ、実情として40代以上のビジネスパーソンの多くが、現年収と市場評価が乖離しています。

 

50代では一部のエグゼクティブを除き、転職による年収アップを望むことは困難です。

 

年収条件を上げるためには、20代30代が勝負というのが今のキャリア市場です。

 

 

では、40代以降で年収がダウンし続ける人の特徴とはどういったものでしょうか。

 

今が最高値であり、実質価値以上の条件になってしまっているということです。

 

そして、今後将来的に人件費の投資に対するリターンが見込まれない業界・職種にいる場合は危機感を持つ必要があります。

 

以下の点に注意する必要があります。

 

・所属する業界が成熟しており、成長発展が見込めない

 

・保有するスキルや能力が古い、またはニーズが減っていく(と思われる)

 

・若さや体力で勝負する仕事や業界にいる

 

・自分の仕事が技術革新や若手社員で代替できてしまう可能性がある

 

・今の会社だけで通用するスキルしか持っていない

 

・能力やスキルではなく、勤続年数に起因する年収構造になっている

 

・昇格や仕事の裁量を広げることが難しい環境にいる

 

・普段付き合っている方々の年収も減っている(と思われる、または発展成長がない)

 

・具体的な成長テーマを持って日々を過ごしていない

 

・GDPの伸びが見込めない国で働いている、またはその市場だけをターゲットにしている

 

・優秀な人材の流出が激しい企業にいる

 

日本は欧米と比較すると経営幹部市場が未整備であり、残念ながらプロ経営者市場は確立されていません。

一般社員の延長での評価市場となっており、真の業績連動型報酬は望めない構造になっています。

 

よって対業績よりも対他者評価(相対評価)での価値を積むことが求められます(このため依然として比較しやすい学歴や所属企業名などが重要視されます)。

 

経営者であっても投資家からの評価、一般社員であれば企業からの評価視点を持ち続ける必要があります。

(実績を出しても嫌われたら浮かばれない村社会です)

 

真に実績連動評価の自己責任の人生を望むのであれば、自己資本での起業以外にありません。

 

40代以降のキャリアに備えた、20代30代の価値作りが求められます。

50代以降の転職市場は今後とも非常に厳しい環境が続くため、年収条件を目的とした転職は避け、定年までの環境を守るスタンス。生活コストを上げない努力、できれば転職せざるを得ない状況を回避する努力が必要となります。

 

転職市場のニーズの若年化、そして年収の頭打ちの若年化の傾向を見据えたキャリア成長戦略を持つべきではないでしょうか。

あなたはどう自分のキャリア成長戦略を考えますか?

 

コメントを残す