年末年始に考える自分サイズの夢

今年も大詰めですね。

皆様も大掃除やお正月の準備など、師走をお過ごしかと思います。

大掃除をしながら心をスッキリさせた後は、2011年への思いを馳せる方も多いのではないでしょうか?

年が明けるというと、新しく新鮮な世界のようなイメージがあります。

物理的には、日が変わるだけなのですが、心理的には節目を感じることができ、神聖な気持ちになりますよね。

題目に掲げた「年末年始に考える自分サイズの夢」とは、

他人の夢や目標に流されずに、自分自身と向き合ってしっかりと現実的に「豊かさ」について考えてみることです。

どんな感情で過ごすことが幸せでしょうか?

毎朝起きてどんな気持ちが幸せでしょうか?

誰のために役立っていることが嬉しいのでしょうか?

何を手に入れたいですか?

それを手に入れると、気持ちがどのようになるのでしょうか?

自分が望む様々な幸せで豊かな気持ちを維持するために、必要な収入はいくらでしょうか?

どれくらい働いて、どれくらい遊びましょうか?

世の中に役立つ何かを創造したいでしょうか?

幸せな状態や豊かさというものは、人それぞれのスタイルがあります。

田舎暮らしでのんびりしたい人もいれば、都会派のライフスタイルで洗練されたスピード感のある日々を過ごしたい方もいます。

年が明けて、日々の日常的な暮らしが始まると、なぜか年末年始に立てた目標や夢を実現するための手段に執着しすぎてしまい、悩み苦しんでしまったりもします(私もそんな事があります)。社会で生きるという事は、やはり他人の目標に関係することが多くなり、押し付けの目標に執着してしまったりもします。

そんな時は、自分が望む幸せな「状態」を深く考えてみる事です。

自分サイズの夢とは大小ではなく、真に自己一致する充実した生き方そのものです。

外部環境が激変したとしても、自分の感情が心地よい状態というものをしっかり認識することによって、無理なく、無駄なく、幸せな状態を維持することに集中できます。

キャリアもそうですが、幸せは「なる」ものではなく、幸せで「ある」ものかもしれません。

自分サイズの夢を知っている人は、人生の節目であってもブレることなく、シンプルでスマートな豊かな日々を過ごされている方が多い気がします。

現代は、情報過多であり、様々なメディアから他人の目標や夢が目をつぶっていても入ってくる時代です。

確かに参考になる点や、憧れもありますが、一年の節目に「自分サイズの夢って何だろう?」と考えてみる事も大切かも知れません。

今日も素敵な一日でありますように!

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)