ベンチャー企業で磨かれるもの

ベンチャー企業の魅力は、単純な言葉では語り尽くせない程魅力的なものです。

 

但し、輝かしく成功するベンチャーは一握りであり、日の目を見ない中、我武者らに頑張りながらも日々消えていく企業の多さも現実です。

 

それでも、ベンチャーに関心のある方には、是非チャレンジしていただいきたいと思っています。

 

では、ベンチャー企業で磨かれるものとは何でしょうか。

 

キャリア市場では、ベンチャー出身者特有の特徴として以下の点があげられます。

 

①当事者意識の強さ

 

規模の小さなベンチャーだからこそ、社長視点で物事を考えることができる人材が多いのが特徴です。当事者意識は、責任感の強さでもありリーダーシップの必要不可欠な要素です。

当事者意識の強い人材は、成長する人材の要素として必要不可欠なため、将来のビジネスの世界で経営幹部を目指される方は、早い段階で当事者意識を磨くことができる環境に行かれることをおすすめします。

 

②ビジネスの構造理解

 

大企業では、自社の会計に自分の仕事がどう繋がるのかが非常に分かり難く、複雑です。

ベンチャーでは、自分の日々の活動がリアルタイムに企業業績と連動している実感があり、また企業によっては具体的に可視化されています。

よって創意工夫により、自社の売上・利益がどれだけ向上するのか?

ROI、ROT視点で考えられる人材が多いのが特徴です。

 

③スピード感

 

日々のタスクをこなすスピードもそうですが、外部環境(他社)や技術革新、意思決定スピードなど「自分を取り巻く環境がトップスピードで展開する」のが特徴です。

リアルタイムで動く環境変化に合わせて、意思決定をしていかなければならないため、常に優先順位や本質志向、論点を瞬時に見抜く力が鍛えられます。

また、若い年齢でも責任ある仕事を任せてもらえるために成長スピードという点からも、大手企業よりも幅広い仕事を経験することが可能です。

(但し、仕事内容のスケール感という点では業界にもよりますが、やはり大手企業の経営資源なしでは経験し得ない領域もございます)

 

転職先・就職先としてベンチャー企業を選択肢に入れられる方は、自分の性格や適性、価値観を見据えて決断されると良いかと存じます。

 

但し、ベンチャー企業は他人の薦めで行くところではなたいため、自分自身の決断を伴ってから入社すべき、といえます。

 

志望する段階から「当事者意識を持て」ということです。

 

ベンチャー企業へのご転職に関心のある方は、下記ご相談下さい。

コメントを残す