常に強みを意識して働く、ということ

 

ビジネスの世界で、分かりやすい強みを持つことの価値は計り知れないものです。

 

多くの方は、転職を考え始めた時点で自己を振返り、強みを探し出そうとします、、、。

 

 

ただ、より一層の飛躍を目指すビジネスパーソンはスタンスが違います。

 

常に強みを意識しながら、日々の仕事に従事しています。

 

今、携わっている仕事はどのように自分を成長させてくれるのか?

 

どんな工夫をすることで、自分の能力の壁を破ることができるのか?

 

楽して淡々とこなすのではなく、一つひとつの仕事において、常に強みを磨き続けられるように判断されているようです。

 

優秀なビジネスパーソンは、単調な一日の積上げという意識は持っていません。

 

常に一段上のレベルを目指し、単調な仕事であってもアプローチの仕方や成果、生産性に工夫を凝らし、チャレンジし続けています。

 

キャリア市場は、年齢を経ることで市場価値に差が開く世界です。

 

あなたが惰性で過ごした一日を、全身全霊でチャレンジした誰かがいます。

 

小さな一歩であっても、自分を進化させる一日にするという気概。

 

かけがえのない一日という意識。

 

日々、精進です。

コメントを残す