求人背景を理解する事は非常に重要です

求人背景を理解すること、

それは、その応募先企業がおかれている現状を理解することです。

業界の動向、業界内でのポジション、事業ドメイン、その企業の強みや沿革、直面している問題など、手に入る範囲内で最大限の情報を集めることが重要です。

人材紹介会社を利用している候補者様であれば、担当コンサルタントに丹念に確認されても良いかと思います。

その大局観の中で、今回募集しているポジションに期待される役割などを「自身でよく考えてみる」という事が重要です。

決して求人票に明記されている必須条件や、尚可の条件を鵜呑みにせずに、自身の経験や実績でその企業自体に貢献できるポイントを自ら深く考えて導き出すことが必要です。

但し、

貢献「できる」ポイントであって、貢献「したい」ポイントではございません。

このポイントの認識は非常に重要です。

今、応募しようとしている企業はビジネスの場であって、お金を払って学ぶ勉強の場ではございません。

厳しい言い方をすれば、候補者様側のキャリアアップや経験の幅を広げるという事は、企業側にとってはどうでもいい事であって、人的リソースとして費用対効果の高い採用という投資が成功するかしないかの見極めを真剣に行う場が採用です。

2010年も年末に入っても雇用情勢が厳しく、ハローワークも臨時の窓口延長対応を行うなど、企業業績の厳しい中転職活動に励む方々には望むキャリアを実現するためには、非常に狭き門を勝ち抜いていかなければなりません。

産業界の動向次第では、自身が携わる職種の将来性が見えない・・・、そんな現実もあります。

大局的な視点で世界の流れを俯瞰し、自身の生活圏内に落とし込む事で方向性を見出せることがあります。

中途採用の即戦力採用における「求人背景」を理解することで、一歩でも望むキャリアの実現に近づいていただけることを願っております。

明日も素敵な一日でありますように!

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)