お金に対する価値観を考えてみる

転職の際に、自分のお金に対する価値観をしっかりと認識することは大変重要な事です。

ある人にとっては、成果上必ず必要な額のイメージがあり、別の人にとっては現年収を落としたくないがためのプライド的な要素であったり・・・

お金というものが自分に与える影響や存在意義を考えてみることが必要です。

重要で緊急、緊急だけで重要ではない、重要だけど緊急でない、現時点で人生に大した影響はない、というマトリックスのどの部分に位置するのかをしっかりと認識することで、収入に意識を引っ張られずに転職という重要な選択と決断を行うことができます。

この事は、人材ビジネスの現場で多くの転職希望者が、選択を誤る要素の大きなものが「収入」という判断軸から起こっているためです。

収入が転職理由ではなかったのに、情報収集をしているうちに一時的な収入アップを目的とした転職活動に代わってしまう・・・。

どうすれば、その呪縛から解き放たれるのでしょうか?

ひとつの解決方法としては、「中長期のキャリアのイメージや目標を持つこと」です。

漠然としたイメージであっても、このイメージをなんとなく意識するだけで、消去法で誤った選択の罠にはまらずにすむはずです。

求人広告で汎用性の高いスキルで、参入障壁が低い職種でありながら高い年収である場合は中長期で経験の蓄積ができないキャリアを歩むことになります。

中長期のイメージをしっかり持って、自分にとって「収入の位置づけ」を認識する事で、最良の選択ができるかと思います。

厳しい転職市場ですが、必ずチャンスはあります。

明日も一歩前へ!

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)