荒波注意報の世界情勢

中国ショックの延長による世界的株価低迷、中東情勢、欧州の難民問題を含む地政学リスクの高まり、北朝鮮の核実験など、波乱の幕開けとなっている世界情勢。

まさに、波乱の一年の様相を呈しています。

 

2015年最高益を更新した日本企業においても、円高リスクによる外需企業の業績悪化懸念、増税や爆買い減速による内需企業の中長期の停滞傾向など、2016年は外部環境の荒波に襲われそうです。

 

 

 

労働市場にとっても決して楽観視できない世界情勢ではございますが、日本の政治・経済、産業にとって強く鍛えられる節目となるかも知れません。

 

日々の仕事に邁進しつつも、大局観を持って世界を見ていくことも大切かも知れません。

 

価値観は健康と同じ。普段は意識したりしない。

 

でも、失われたり、崩れた時、本当に大切だったんだと気付くものですね。

コメントを残す