ベンチャー企業の採用事情

ベンチャー企業の採用したい候補者とは?

企業担当者や経営者からの採用したい候補者像はベンチャー企業の場合、

「イメージ」が伝えられる。

要するに転職市場の候補者に果たして当てはまる人材がいるのだろうか?

といったところから、人材紹介エージェントは候補者サーチを行わなければならない。

そんな時は、複数名の候補者紹介を行いつつ、クライアント企業の真意を掴み取っていく動きが必要とされる。

いわゆる「見えないところ」に採用のポイントがある。

これが大手企業や外資系企業になると、やはり採用の歴史もあり、明確な候補者像を持っているため、企業のニーズそのものを見たす候補者を提案していくことが重要になる。

すなわち「冒険はしない」という事。

同じ人材紹介のサービスであっても、あえて求人票のスペックとは違った候補者を提案することが企業にとってサービスになる事もあれば、そうでないこともある。

コミュニケーションスタイルや、提案スタイル、仕事の成果の質、をクライアント企業によって変えていく事が重要である。

明日も素敵な出会いの創出に尽力していこう!

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)