キャリア成長戦略

顧客ではなくクライアントとして付き合う

世界最高レベルの経営コンサルティングを提供しているマッキンゼー・
アンド・カンパニー。

最近マッキンゼー人と接する中で、秀逸な職業倫理を感じる事があった。

それが、「クライアント」という概念。

流通小売やサービス業などとは違った「クライアント」として付き合う事とは?

「クライアント」との関係を深く考えてみる

我々の存在意義とは?

それは「クライアント」がいる事。

それがプロフェッショナルである。

小手先のマーケティングや販売手法ではなく、真摯なる関係性を作り、クライアントと運命共同体になり得る「覚悟」というものを、自分は有しているのだろうか?

我々は顧客をクライアントとしてではなく、お客様として付き合っていないだろうか?

自分にはどれだけ運命を捧げる事ができるクライアントがいるだろうか・・・

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)

« 転職は徹底的に現実・・・
組織人であることの・・・ »


« 転職は徹底的に現実・・・
組織人であることの・・・ »

AD


Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇











new window.amb.adcross()















共有:

いいね:

いいね 読み込み中...

Post navigation

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。