転職支援の重点課題

現在の転職市場は未だかつてないほどに厳しい。

一般的なビジネスパーソンの殆どが占めるレイヤーに至っては、大量採用企業以外の優良求人に至っては、過剰なまでの競争率となっています。

現在、転職活動で最も重要な戦略としては、「提出書類」の中身です。

メール社会の現代において、面接でのプレゼン以上に「レジュメ=ビジネスの実力」という視点で求人企業側が見ている事は確かです。

この現象に気づいている転職希望者が有利な転職を成功させている傾向にあります。

その中での重要な施策の一つが、自身の「職務要約」を冒頭に簡潔に明記する事、です。

スピード化の現代、自身のレジュメを2秒間で魅力的に思わせるよう、エッセンスを抽出する事が重要です。

要するに私は何者なのか?

それを「固有名詞」と「数字」で簡潔に、箇条書きで抽出して差し上げるというプロセスが、ビジネスパーソンとしての土台が試されるプレゼン能力となります。

たった一度の応募手続きであり、人生の転機となりえる機会です。

細部を大切に転職活動を成功させていただきたいと願っております。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)