キャリア成長戦略

働き過ぎを考える

産業構造の変化と発展に伴いワークスタイルそのものが職業によって全く違ったものになっている。

転職を含め、これから社会に出る際には、「ワークスタイル」という観点からの職業選択も重要かも知れません。

キャリアの重要な要素の一つである「収入」の面から見ても、企業のビジネスモデルに左右されるように、

ワークスタイルにおいても、職種によっては変えられない現実がある。

職場というリアルな「場」において、働くスタイルにおいては残業という概念があるが、近年のノマドワークスタイルやフリーエージェントにとっては、残業(労働時間)という概念はなく、成果(貢献)ベースのワークスタイルが模索されている。

自身の属する産業構造を冷静に見つめなおすことで、価値観に合うワークスタイルかどうかを考える。

それが、人生や豊かなキャリアを育む上で非常に大切な事かも知れません。

今回ご紹介する著書は、法的側面からの労働時間ではなく、現代のワークスタイルの実像に迫る切実な内容です。

豊かな人生を実現するために、夢物語ではない「働く」事の現実を直視する機会をもたれてはいかがでしょうか。

エンドレス・ワーカーズ―働きすぎ日本人の実像/小倉 一哉
¥2,100
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)

« 転職支援の重点課題
残業はやめられるか・・・ »


« 転職支援の重点課題
残業はやめられるか・・・ »

AD


Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇











new window.amb.adcross()















共有:

いいね:

いいね 読み込み中...

Post navigation

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。