【役割】が日々の活力を生み出す

 

あなたに一つ質問があります。

 

 

「あなたの役割は何ですか?」

 

 

具体的にパッと思いついたでしょうか?

 

 

「その役割は、本当にあなたの生き甲斐と言えますか?」

 

 

ビジネスに限らず、人生全般において活力を生み出すのは

 

 

役割の有無です。

 

 

 

ただし、その役割を全て他者依存している状態は危険です。

 

 

外部環境の変化によって、精神状態が右往左往してしまうからです。

 

 

でも実は、こういった状態の人は少なくありません。

 

 

ビジネスの優秀さとは関係ありません。

 

 

素直で忠誠心の高い方ほど、他人に与えられた役割だけで日々過ごされていたりします。

 

 

殆どの人が、自分自身の役割と向き合わず、日々情報に流されて右往左往して生きています。

 

 

そうは言っても、役割って他人から与えられるものなのでは?

 

 

全てがそうではありません。

 

images-4

先ずは自分のオリジナルな目標を立てること。

 

 

会社の目標以外にも、オリジナルな目標を持つことで、日々の役割を作ることが可能です。

 

役割というのは、あくまで目標達成の手段でしかありません。

 

でも、その手段そのものが日々の活力を維持する重要な要素にもなります。

 

まずは、自分にとって心から魅力的と思える目標を定めること。

 

魅力的な目標は、走り続けるのに耐えうる魅力的なニンジンである必要があります。

 

そして、魅力的な目標達成のために自分がどういった状態でなければならないかを具体的にイメージすること。

 

理想的な自分になるために、日々ワクワクしながら行動すること。

 

「役割」は他人から与えられるものではなく、自ら創出していくこと。

 

小さな習慣ですが、自己管理の大きなポイントです。

 

日々、精進です。

コメントを残す