本の概念って?

この著書を読んで、これからは本を購入しないことを決断しました。

最近薄々と感じていた書店に並ぶ書籍コンテンツの内容の薄さ、価格との費用対効果の薄さが

明確にわかったような気がします。

それは、業界構造上の問題が根っこであったと合点しました。

今後、書籍流通のプラットフォームが変革していく中で、コンテンツの集合体であるコンテキストを

ソーシャルメディアの活用により構築していくことが、さまざまな業界のビジネスとしても

重要なキーファクターとなることを痛感しました。

本の概念って何でしょうか?

「電子メール」が「メール」になったように、「eブック」が「ブック」になるのでしょうか?

今後、音楽業界がたどった変革以上の激変が訪れる出版業界に関心大です。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)/佐々木 俊尚
¥1,155
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)