捨てる事

時間効率化については、毎日のように悩み、改善を行い続けている。

現代のビジネスでは、作業量を増やすことよりも、思考によって創造していくワークスタイルが

益々求められるようになっています。

そんな日々の中で、最近非常に効果的な「行動」と「考え方」があります。

それが、キラキラ捨てるキラキラという考え方。

3つの捨てるを実行する事によって、重要な仕事を見極めることが出来ていると感じています。

1つは物理的にアップ持ち物を減らす事アップ

この手の改善はマインドだけではだめで、「物理的に」行うことがポイント。

まずは、「鞄を軽くする」ことから。

ノートPCを持たずにiphoneだけに。

手帳以外のノートは持たない。

一元管理に徹する。

物理的に持ち物を減らすことで、重要事項にフォーカスできる環境を持つことができている。

2つめはアップ思考(手段)の絞込みアップ

仕事で成果に繋がる手段も5つ以上は同時に持たない事に。

今週、行いたい手段を5つだけ明確にして、実行する。

(実際は2つか3つ程度しか実行はできないが・・・)

来週布石を打てる手が5つだけ!と意識すると、自然と来週の行動を戦略的に考え、効果的な手段を

考えるようになる。

最後は、アップ作業アップ

作業を減らして「思考」を増やす事。

そのためには、

1.無駄なメールを受け取らないように無駄なメールを送らない

2.アポイントはなるべく入れない(無駄に訪問せずにメールや電話を活用)

3.まとまった時間を確保する=思考する時間を取る

  細切れ時間にこなすような作業は最初から捨て、まとまった時間を必要とする仕事に集中する。

  移動時間は作業をしない=移動中にテーマを持って、思考をする

☆そんなエッセンスのヒントとなる著書をご紹介します。

「時短テク」より「時間戦略」で生産性を上げる! ハイペース仕事術/大和 賢一郎
¥1,470
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)