自分のキャリアに戦略を持つ3つの問い

ビジネス全般において、単に努力するだけでは成功できる時代ではありません。

 

努力の方向性とスピードが重要です。

 

スピードを追求するためには、無駄なことをしない戦略が必要です。

 

有限である資源をどう活用するのか?

 

限りある時間で何を成し遂げたいのか?

 

研ぎ澄まされた戦略と行動習慣が求められます。

 

では、どのようにすればキャリアに戦略を持つことができるのでしょうか?

 

 

自分らしい豊かなキャリアを築いている方々にはいくつかの共通する特徴があります。

 

「自分の勝てる分野・得意な分野で勝負しているか?」

 

「必要不可欠なことだけに集中して取り組んでいるか?」

 

「適切な行動(実行)習慣を維持しているか?」

 

これらの問いによって、自分らしいポジションでキャリアを積んでいるということです。

 

キャリアのある段階を経て、登るべき山を選択し、目指すべき山頂を決めている、ということです。

 

どこかに自分のキャリアを成長させるヒントがあるのではないか?

 

誰かの真似をすればいいのではないか?

 

答えのないキャリアの世界では、私達は日々、迷い、苦しみながら過ごしています。

 

 

ただ、自分の人生を向上する戦略は誰かが持っているわけではありません。

 

誰かが教えてくれるわけでもありません。

 

自分自身の中から目的と手段を導きだすしかありません。

 

キャリアの選択肢が益々多様化する中で、この傾向は益々強まっています。

 

自分自身で決める、ということ。

 

「自分の勝てる分野・得意な分野で勝負しているか?」

 

「必要不可欠なことだけに集中して取り組んでいるか?」

 

「適切な行動(実行)習慣を維持しているか?」

 

少しだけ立ち止まり、ゆっくりと自分自身と対峙してみることが大切かも知れません。

 

日々、精進です。

コメントを残す