「究極」の勉強法 著書/別冊宝島編集部

「社会人にとっての勉強とは?」

そんな思いから、紐解いた著書キラキラ

大きく学んだ点は、ビジネスの現場では「貢献できる何か?」を磨くことが勉強であり、それは学生時代に使用していた勉強の概念とは違うという事。

すなわち、誰かに、何かに、役立たない限り、それは「勉強ではなく単なる趣味である」ドンッという事。

では、自分にとって必要な勉強は何なのか?

目の前の明日必要な知識や教養も確かに大切ですが、この著書の重要な教えとしては、

アップ自分の生きる使命を真剣に考えるということアップ

それが、人生のテーマであり「真の自分自身」、自分の生き方を知ることにつながる。

勉強とは、達成するものではなく「道」であり、人生のテーマーを学び続けることが真の勉強である。

すなわち、

メラメラ求道者メラメラたれ、という事です。

決して、書店にならぶビジネス本の類でインプットされるものではなく、日々の人生の中で全力で生き抜く中で経験していく事に対する反省や改善を通じて、成長していくことそのものが勉強であるという事が腹に落ちる。

エッセンスをまとめると「究極の勉強法」とは、「自分の生き方そのもの」という事です。

キラキラ人それぞれの生き方・学び方がある、という事ですキラキラ

脳力200%活用!究極の勉強法 (宝島SUGOI文庫)/著者不明
¥520
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)