自己責任感を鍛える

【自己責任感の強さ】

多くのエグゼクティブに共通する特徴のひとつ。

自己責任感。

人生、仕事において全て順風満帆はあり得ません。

多くの挫折や苦労の方が多いのが人生ではないでしょうか。

 

仕事上では役職や立場が上がる程、理不尽なことが多々起こるようになってきます。

 

今の自分に不満があるとき。

 

それを自己責任として腹に落とし込めるか。

 

世の中に愚痴をいうだけの人生か。

 

今の自分は過去の自分の結果でしかない。

 

その悔しさをのみ込んで、歯を食いしばって前に進めるか。

 

ビジネス世界で一定の地位を得たリーダーは、結果に対する自己責任意識をより一層高めなければなりません。

 

エグゼクティブ市場の転職活動でも、選考に通らない候補者に共通する特徴が、当事者意識や自己責任感の欠如といったものです。

 

あるエグゼクティブは、自己責任感を強化するために、毎日、昨年の手帳と今日の自分を比較して「徹底的に自己否定」して、自分に鞭打つ習慣を持たれています。

 

今現在の自分、それは全て自己責任。

 

局面を打開するのも自分しかいない。

日々精進

コメントを残す