キャリア成長戦略

手に入れたい「非金銭的な対価」を明確にしておく

仕事においては、金銭的対価は切っても切れないものです。 ただ、お金の執着が強すぎるがために成長の壁に直面するビジネスパーソンが多いのも事実です。 チャンスの幅の大きい選択が取れない(=リスクテイクできない)。生活コストを…

20代半ばから取り組みたい「資産形成」

人生100年時代。 寿命が延びるということは、生活に必要なお金の額も生涯換算で増えていきます。 年金以外の定期収入をどう作っていくか。 現役社会人時代から備えていくことが必須です。 よって、現役社会人フェーズ=資産形成期…

キャリアの方向性を決めることは、好きな生き方を徐々に明確にしていくこと

キャリアの方向性。 とても悩みます。 どれほど優秀な方であっても、自分の能力のなさに未来に不安も感じられるようです。 充実したキャリアを歩んでいる人を見ると、あたかも計算し尽くして人生が設計されているように感じ、焦ったり…

「健康寿命」軸で人生やキャリアを設計する

夢実現のデッドラインはいつなのか? 人生が終わるまでにこんな夢を叶えたい。 誰もが人生目標について考えたことがあるのではないでしょうか。 夢や目標に期限を入れる、とはよく言われますね。 でも、その期限を平均寿命にしてしま…

仕事の原点回帰へ

「仕事」とは何か? 突き詰めると、「価値創造」。 世界をより良くするための「創造活動」といえます。 自分だけの利害だけに焦点を当ててしまうと、世の中は「競争社会」にしか見えません。 でも、環境や自然・人身災害、感染症など…

コロナショック下の雇用情勢

GDPと雇用者数の減少 コロナショックによる日本のGDPは548兆円から、2002年第二四半期時点で年率換算500兆円へと約48兆円の減少となりました。リーマンショックと同等レベルの約40兆円規模のGDP減少となります。…

一隅を照らす社会当事者意識を

コロナ禍により、業界によっては業態自体の変革、及び事業の縮小撤退を余儀なくされています。 個人に至っても、所属する業界の将来性やDXによる未来を踏まえ、キャリアの方向性を模索される方が多くなっています。 こういった大きな…

全ての職業人に必須の「資産形成」

資産形成とは、現代版リベラルアーツといっても過言ではありません。 多くのビジネスパーソンは、現役時代の自己投資により、収入の最大化に全力を尽くします。労働市場や起業の厳しい競争を人的資本を駆使することで戦い抜いています。…

じぶんオリジナルの人生設計に向き合ってみては?

医療技術や情報革新など、技術革新がもたらす変化や自然災害など外部環境はいつの時代でも常に変化し続けています。 ただ、2020年に関してはコロナ禍の影響により、突然の環境変化に晒された方々が多くいらっしゃいます。ゆっくりと…

「自分の目標」に集中する

これは、尊敬できるビジネスエグゼクティブからいただいたアドバイスです。 外部環境が目まぐるしく変化する時、時代が一変するような価値観変革の時、転職後や結婚など人生の節目を迎える時、私達は何を重点に行動すればいいのか? そ…

転職活動における自己プロデュース力について

コロナ禍の影響において、採用数減少、採用基準の厳格化、オンライン面接対応など転職市場における変化も激しいものとなっています。 転職者側として、どう変化に対応していけばいいのか? 先ずは、あらためての人生戦略の見直しです。…

業界の未来と自分のキャリアについて

コロナ禍において、業界全体の機会が激減してしまうケースが増えています。 大好きな業界、仕事であったにも関わらず、どうしても会社を辞めるを得ない選択をした方もいらっしゃるかと存じます。 職業人である以上、自分が所属する業界…

書類選考は通るが1次面接で落ちるケースが多いのですが、、、

このケースは非常に多くご相談されます。 特に20代の転職活動者で未経験可能な求人へのキャリアチェンジ目的のケースが多く見受けれます。 ・書類選考は比較的通過している ・1次面接で不合格になるケースが多く、最終面接までいか…

パラレルキャリア時代に適応できるか?

パラレルキャリアとは? ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になったために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。その第2の人生のひとつがパラレルキ…

今の仕事は自分の時間&労力の「投資?消費?浪費?」

起業家や投資家、パフォーマンスの高いビジネスパーソンの特徴に 自分が取る行動や投資を「投資、消費、浪費」で区別し、行動判断を行なうという常識があります。 投資の判断基準はとった労力や時間投資に見合うリターンが得られるか、…

経営参謀にお聞きした「成果を上げるコツ」

40代後半で数社の経営参謀としてターンアラウンド、グロース、新規事業立上経験のあるエグゼクティブにお聞きしました。 成果を上げるコツは何か? 経営参謀とは、経営者の描くビジョンを現場のオペレーションに再現し財務成果を出す…

30代以降のキャリアには「自分らしさ」軸を持つ

特に30代というラインに明確な境目がある訳ではありません。 ただ、一定の専門スキルを身に着けた上でのキャリア設計においては、「戦略」が大変重要となります。 ここでいうキャリア上の「戦略」とは何でしょうか。 それは、自分が…

その転職先はあなたが「活躍できる場」ですか?

転職先に求めるものは、大まかに以下の点ではないでしょうか。 ◆希望する仕事にチャレンジできる ◆経験の幅が広がる ◆企業文化 ◆労働環境の改善 ◆収入面の改善 要するに 転職先=問題解決 ということになるかと思います(も…

「資産運用」は現代版リベラルアーツ

「資産形成・運用」は、人生100年時代において益々重要となる習慣といえます。 一部の方に必要なスキルではなく、習慣にすべき「生き方」の一つといえます。 現代版リベラルアーツといってよいのではないでしょうか。 「持ち家は負…

原体験と出合う選択肢をとっているか?

何かを成し遂げたり、道を決める際には、その方の原点となる何らかの出来事があるケースが多い。 それは、良いことばかりでなく、逆に悪い出来事や怒りを覚えたこと、「世直ししてやる!」といったレベルの使命感を帯びたものも多い。 …

変革か、死か。

ビジネスの本質は「競争」による「発展」にあります。 資本が労働商品を用いて、資本収益を生み出す世界です。 自然界を含め、「発展」には「死」を伴います。   事業経営の現場においては、毎年、約8000社もの企業が…

自分の能力を年に一度は必ず棚卸しする

自分の能力と定期的に向き合っていますか?   実際は転職活動を開始するタイミングで、慌てて棚卸される方が殆どではないでしょうか。 社員にキャリアアップを促す企業では、定期的に社員に対して自己を棚卸する仕組みを設…

労働市場におけるブランディングとは

労働市場において、必要とされる能力の細分化、高度専門化は益々進行しています。 また、新しい職種の出現、求人ニーズの多様化など、ビジネスパーソンは「時代への最適化」スキルが益々重要になっています。   一方の採用…

【NG理由】ご年齢と経験の兼ね合いにより、、、

「ご年齢と経験の兼ね合いにより今回は大変残念ながらお見送りとさせていただきたく、、、」 これは採用選考の不合格理由として最も多いフィードバックでもあります。   もちろん、年齢のみの採用判断は雇用対策法により禁…

職務経歴書の冒頭にはエグゼクティブ・サマリーを

【職務経歴書の冒頭にはエグゼクティブ・サマリーを】 統一フォーマットのない職務経歴書の書き方、とても迷われる方が多いようです。 真面目な方に多いケースが、冒頭に自己PRを数行に渡り記述してしまうケース。 果たしてこれは有…

お金に対する価値基準をハッキリさせる【人生100年時代に備える】

【お金に対する価値基準をハッキリさせる】   資本主義社会の一員として「お金」という要素は益々重要度を増しているように思えます。 そして、この傾向は益々加速していくのではないかと思われます。 寿命の延びと共に、…

自己責任感を鍛える

【自己責任感の強さ】 多くのエグゼクティブに共通する特徴のひとつ。 自己責任感。 人生、仕事において全て順風満帆はあり得ません。 多くの挫折や苦労の方が多いのが人生ではないでしょうか。   仕事上では役職や立場…

「will」を「can」にしていくスタンスへ

「やりたいこと」と「できること」。 「私達は単に収入のためにどんな仕事でもいい」と割り切ることは難しく、多くのビジネスパーソンが常に悩まされる点です。 もちろん、社会人になり立ての頃は目の前の仕事に全力を尽くす日々で、自…

現役CFOに質問「やっておくべき努力は何か?」

IPO、及び東証マザーズなど、計3社のCFOを経験されてきた現役CFOに以下2点をお聞きしました。   「経理担当者時代から、どんな努力や工夫をしてきたのか?」 「何がキッカケでCFOポストに就くことができたの…

現職で活躍できていない場合はどうすればいいのか?

仕事で活躍できていない状態とはどんな状態でしょうか。 それは「組織が求める期待成果を満たせない状態」といえます。 その原因は何でしょうか?   ◆会社の価値観が合わない ◆人間関係が上手くいかない ◆報酬面の不…

転職が上手くいく人の3つの特徴

【転職が上手くいく人の3つの特徴】 転職とは、いってみれば人生の節目における「選択」です。 「選択」そして「決断」です。   転職の現場に日々立ち会っていると、この「選択と決断」において納得のいく決断ができる方…

他人と比べない習慣

【他人と比べない習慣】 多くの突出した実績を上げられているエグゼクティブに共通する習慣の一つ。   「他人と比べない」習慣   どういうことか。   自分独自の夢や目標が具体的な方は、他人と…

常に将来に対する見通しを持っている人

【常に将来に対する見通しを持っている人】 10年後の世の中や環境を見通す力。 未来仮説から、自分の取るべき行動を設計している人。 第一線で活躍している人は、未来予測(foresight)習慣を持っています。 10年後の社…

「人生の選択肢を広げるための副業」という考え方

【人生の選択肢を広げるための副業】 副業をされている方々の根底にあるものは何か。   それは「選択肢」を広げること。   「選択肢」とはキャリア上の「戦略的自由度」を上げていくこと。   も…

「転職の度に強くなっているか?」を問う習慣

【転職の度に強くなっているか?】   転職の度に自分がレベルアップしているのか?   これは常に自身に問い続けたい習慣のひとつです。   環境を変えることで、自分がレベルアップされているのか…

【面接対策】転職回数が多い場合の対処法

【面接対策】転職回数が多い場合の対処法   一般的に採用企業は転職回数が多い候補者の評価を下げる傾向があります。 具体的には以下ような場合です。 ◆全体の転職回数が多いケース(採用企業の業界によって懸念される転…

「仮説をどう立てるのか?」ベンチャーキャピタリストにお聞きました

【仮説の立て方】ベンチャーキャピタリストさんにお聞きしました。 未来予測、仮説立て、多くのビジネスパーソンがその方法・手法に悩まれています。   たった一つの正解などないのですが、個々の分野のプロフェッショナル…

出口を考えながら現職で経験を積む

【出口を考えながら現職で経験を積む】   貴方の現職での「出口」は何か? 優秀なビジネスパーソンは、今の会社を「卒業するライン」を持たれています。   何らかの専門的なスキルを手に入れたら。 &nbs…

「幸せなキャリア人生」を真剣に考えてみる

「幸せなキャリア人生とは何か?」   仕事である以上、「やらねばいけないこと」をやる必要はあります。   それでも、幸せな人生を送られている方々に共通している顕著なことがあります。   それ…

戦略のない無駄な努力をやめる

「努力はしているが結果がでない」 「頑張っているのに、どうして?」 キャリア形成において、努力されているのに結果がでない方からのご相談を多く受けます。 原因として以下の3点に集約されます。 ➀努力不足(又は努力していない…

「自分らしさ」をキャリア形成の軸にする

「自分らしい」キャリアを意識するで述べている通り、多様化する生き方の中で「自分らしさ」を考えることはもはや必須の時代です。   「将来はこんな職に就きたい!」   ところが、数年後にその職種があるかど…

カジュアル面談って受け身でいいの?

エグゼクティブ層の転職活動や、指名スカウト等のヘッドハンティングの流れで多いのが「カジュアル面談」です。   多くはホテルラウンジや会食場などで行なわれ、採用企業側の経営幹部や経営トップが候補者のご職場付近に出…

レジュメのクオリティが悪くて不合格?実は2秒間の勝負

転職活動でレジュメ(履歴書、職務経歴書)の果たす役割は非常に大きいものです。   しかしながら、多くの候補者様がそれを過小評価されている傾向があります。   実は、候補者様側が思うよりも採用企業側はレ…

転職理由と志望理由がバラバラ?【転職活動失敗例】

【転職活動に失敗する人の特徴】   転職理由と志望理由がバラバラ?   多くの企業面接で質問されるものの一つに「転職理由」があります。   採用側にとっては下記のような理由によるものです。 …

強みを磨きぬくという習慣形成

自分らしいキャリアを実現するための重要な要素の一つが「強みを持つ」ことです。 なぜか。 それは労働市場が需要と供給で価値が決まるから、です。 昨今、様々な耳障りの良い「働き方」改革が聞こえてきますが、突き詰めると労働市場…

【面接失敗事例】考え方や思想哲学だけをアピールしてしまった

【面接失敗事例】考え方や思想哲学をアピールしてしまった。   普段のビジネスコミュニケーションならいざ知らず、面接で「こう考えています」や「これが私のモットーです」といった職業人としての思想哲学をアピールし過ぎ…

自分らしい「人生観」「職業観」になるまで実体験を積み上げる

【自分らしい「人生観」「職業観」になるまで実体験を積み上げる】 ライフプラン、キャリアプラン。様々な思考法や視点が溢れています。   なんとなくライフプランやキャリアプランを持った方がいいのは分かっている、、、…

天職を探す時代から、創作の時代へ

産業構造の変化に伴い、個人のキャリア形成においても「自己責任」の必要性が益々高まっています。   自己責任とは何か?   それは、自身で「自分らしいキャリア」実現のために計画を立てて、経験やスキルをセ…

応募書類に「企画書」を添える?

応募書類に「企画書」を添える? 関心の高い企業への選考応募の際、誰もがその思いを伝えたいと思っているはずです。 ところが上手く伝わらない、、、。 採用企業側もアピールに慣れきってしまっているという点もありますが、レジュメ…

「自分らしい」キャリアを意識する

【自分らしいキャリアを意識する】 ますます複雑化する産業構造の中で、個のビジネスパーソンとして求められる職務能力も複雑化してきています。   キャリアにおいても単一化された成功はなく、自分らしい生き方を踏まえた…

好きなことでしか一流にはなれない

【好きなことでしか一流にはなれない】 ビジネス領域のエグゼクティブとお会いしていて常々感じていること。 それは、皆仕事が好きということ。 元々好きなこと、得意なことを仕事にされているパターン。 または、当初は仕事に関心が…

ビジョンの前に必要なこととは?

【ビジョンの前に必要なこととは?】 ビジネス上のキャリアにおいて、長期目標やビジョン、それを成し遂げるためのキャリアパスは非常に重要です。   ところが、採用企業の幹部ポジションに応募される方の中にも、下記のよ…

誰もがキャリア・デザインを持つ時代へ

自分のキャリアに何の心配のない方はいるのでしょうか?   心配ですよね、、、 では、その心配の要素は何でしょうか?   それは、見えない未来への不安、不確定要素ではないでしょうか?   終身…

評価市場で「シグナル」を戦略的に獲得していく

【「シグナル」を戦略的に獲得してく】 ビジネスの世界では、実績や実力が評価されます。 但し、転職市場という相対比較の評価市場においては、所属している企業内での評価とは別の視点で見られています。   今いる会社で…

恐ろしい現実「私達の可処分所得は減っていく!?」

恐ろしい現実【私達の可処分所得は減っていく!?】 結論としては、可処分所得は増えることはないといえます。 可処分所得とは、手取り収入のことです。 額面給与から社会保険、雇用保険、諸税を引かれた手残りのことです。 &nbs…

希望条件よりも先の目標を持っているか?

【希望条件よりも先の目標を持っているか?】 一般のビジネスパーソンとエグゼクティブの違いの一つが、「仕事における目的意識」です。 目的や目標といった言葉の意味合いの違いはさておき、 ポイントは、   目先の希望…

「IMF世界経済見通し」から何を思う?

【IMF世界経済見通し】から何を思う? 世界全体のGDP成長率はおよそ3%前後で毎年推移しています。 重要なことは、自分が属する国家、産業、企業の成長性をしっかりと理解しておくこと。 将来動向を予測し、有利なポジションを…

人生やキャリアは勝ち負けではない

【人生やキャリアは勝ち負けではない】 私達は過去の経験から知らず知らずのうちに他人と比較され、甲乙つけられる世の中に慣れきってしまっています。 学生時代、部活、友人関係、就職活動、会社内、転職市場など、優劣評価の洗礼を受…

日本の平均家庭の貯蓄額について

【日本の平均家庭の貯蓄額について】 金融広報中央委員会が2016年11月に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」によると下記の特徴がある。   金融資産の平均保有額1290万円(昨年より27万円増加) &n…

稼げるポジションを意識しているか?

【稼げるポジションを意識しているか?】 収入の高いビジネスパーソンの特徴の一つは、稼げるポジションにいる、というものです。 将来的にそのポジションを維持できるかどうかは別にして、実際に高い給与や報酬を得ているビジネスパー…

なぜキャリアビジョンが必要なのか?

【なぜキャリアビジョンが必要なのか?】 イキイキと仕事をしている人は、仕事を生活の糧ではなく、自己実現や自己成長の場としてとらえています。   突き詰めると、仕事ができるできないはスキルや能力差の前に「意識の差…

仕事に没頭できる環境を主体的に作っていく

【仕事に没頭できる環境を主体的に作っていく】 収入のために働く。 当然の考えに思えますが、一定のレイヤーを越えたビジネスパーソンはこの考えから脱却しています。   収入面、人脈資産、時間、ミッションなど様々な要…

常にキャリア市場を確認しておくべきだった、、、

【常にキャリア市場を確認しておくべきだった、、、】 職場内や知人にキャリアを計画的に考え意見交換を行なう習慣がないようであれば、上記の問題が突然浮上する可能性が非常に高いです。   転職活動を開始した段階で突然…

リターンを見据えた自己投資?

【リターンを見据えた自己投資】 成長を志すビジネスパーソンであれば、常に自己研鑽を怠らず日々全力で過ごされているかと思われます。   それでも、前向きで成長意欲の高いビジネスパーソンが陥るのが、   …

行動計画を持っている人

【行動計画を持っている人】 コンサルティング・ファームのパートナーからお聞きした「伸びる人の条件」。   その一つが   行動計画を持っている人、です。   行動計画といっても、今日一日のス…

転職理由が「社会貢献したいから?」

【転職理由が「社会貢献したいから?」】 こういった転職理由を挙げられるケースは、大変失礼ながら十中八九「今の会社に貢献できていない人」です。   では、社会貢献できる事業や会社に移れば幸せなキャリアになるのでし…

ハイレイヤー転職市場は売手市場なのか?

【ハイレイヤー転職市場は売手市場なのか?】 結論としては、年収800万円以上のレイヤーでの転職市場の需給は変わらず、転職希望者様にとっては狭き門であるといえます。 ハイレイヤー転職市場は、単純な有効求人倍率のような数合わ…

自身の市場価値は◯◯評価軸で考えるべき

【自身の市場価値は◯◯評価軸で考えるべき】 技術革新により、私たちが求められるアウトプットと過去の栄光との関連性は、一部の官僚的組織を除いては関連性が益々希薄になっています。   市場価値で重要な点は、 &nb…

70%の労力でオペレーションを回し続ける

【70%の労力でオペレーションを回し続ける】 あるエグゼクティブに目標を継続達成できる秘訣をお聞きした際の回答です。   70%の労力   一度限りの仕事であれば、会心の一撃でも通用します。 すなわち…

資産の棚卸をしておく

【資産の棚卸をしておく】 年末年始の時期に身に着けておきたい習慣の一つが「資産の棚卸し」です。   あまり向き合いたくない事実かも知れませんが、自身の金融資産や稼ぐ能力を具体的な金銭指標にしておくことは、自分ら…

キャリアのピークアウトを意識していますか?

【自分のキャリアのピークアウトを意識していますか?】   仕事上の成長や収入など、永遠に右肩上がりであれば何の苦労もありません。   ところが、現実社会ではいつか必ず「旬」を過ぎ去る日が来ます。 &n…

ノウハウだけの人材はピークアウトが早い、、、

【ノウハウだけの人材はピークアウトが早い、、、】 ある候補者様の言葉(経営層)です。 ノウハウ。 ビジネスですから、仕事の効率化のためのノウハウは大変重要です。 ただ、そのノウハウの裏にどれだけの経験量を持っているか。 …

転職活動では「無謀な」チャレンジを避けるのも戦略

【転職活動では「無謀なチャレンジ」を避けるのも戦略】 これは、キャリア形成上の戦略の一つです。 もちろん、普段の仕事ではチャレンジの連続で、チャレンジ自体は非常に良いことかと思います。 ただ、キャリア形成の観点では、無謀…

【キャリア無料相談会】ベンチャーで年収800万円以上を目指す20代、30代限定

選択肢によって大いに左右される転職市場。 「年齢」は動かせない要素であり、各年代によって「どのような選択をするか」がとても重要です。 20代、30代でとっておいた方がよい選択肢、40代以降に有利になるキャリアパスというも…

あなたはトップ何%の人材ですか?

【あなたはトップ何%の人材ですか?】 外資系企業の面接で実際に候補者が受けた質問です。     更には下記の掘り下げも加わったそうです。   「なぜ、そう言えるのですか?」   こ…

起業に失敗する方は「〇〇の恐怖に勝てない人」

【起業に失敗する方は「〇〇の恐怖に勝てない人】 キャリアコンサルタントとして、日々お会いする方々の中には、会社を退職して起業を目指す方も少なからずいらっしゃいます。 社内で事業立上経験を積み、勘所を掴んだ後に温めてきたア…

自社の業績悪化の場合キャリアパスをどう考えるべきか?

【自社の業績悪化時のキャリアパスをどう考えるべきか?】 働いている企業の業績悪化や事業の撤退。 ビジネスである以上、環境悪化は想像以上に直面するケースが多いものです。 大手企業や古い産業に比べると、ベンチャー企業は日々こ…

いい人材が集まるベンチャー企業の特徴とは?

【人材が集まるベンチャー企業の特徴とは?】 働く側が満足している企業の特徴は以下の通りです。   ・経営ビジョン、成し遂げたい世界、存在意義に共感できる ・好きな職種、仕事内容に携われている ・主体的に働ける文…

転職に求める条件が曖昧な人

【転職活動に失敗する人の特徴】転職に求める条件が曖昧な人   「なぜ、転職を決断したのか?」 「では、転職先に何を求めるのか?」 「絶対に譲れない条件は何なのか?」   転職で同じ失敗を繰り返してしま…

賃金が上がらない時代を直視する

「賃金が上がらない時代を直視する」   賃金低下は、果たしてデフレの影響が全てなのでしょうか。 先進国の経済発展は、発展途上国の安価な労働力や資源を活用した点にあるのではないでしょうか。 先進国の成長鈍化は、こ…

「基本ができてこその変化」エグゼクティブの言葉

「基本ができてこその変化なんですよね」 とあるエグゼクティブが語った言葉が印象に残っています。 変化、改革、こういった言葉はいつの世も飛び交っているものです。 そして言葉が軽視される傾向にもある、、、と、その方は問題視さ…

自分に必要とされるスキルを仮決めする

【自分に必要とされるスキルを仮決めする】   キャリアやビジネスに関する情報が氾濫しています。 日々、情報に振り回され、一向に優位性を確立できないゼネラリスト一直線のビジネスパーソンも見受けられます。 もちろん…

問題に対する己の姿勢を見直そう

【問題に対する己の姿勢を見直そう】 格差社会といわれ久しい世の中ですね。 社会保障、雇用格差、教育格差、収入格差、様々な格差問題が拡大しつつあります。 個人の努力によるもの、よらないもの、要素は様々ですが、これらが拡大し…

目標達成には「可能性」よりも「必要条件」を考え抜く

【目標達成には「可能性」よりも「必要条件」を考え抜く】 エグゼクティブ、経営層の目標達成に対するスタンスには以下の特徴があります。   ・目標が達成されるにはどんな必要条件があればいいのか?を明確にする ・偶然…

ヘッドハンターはどうやって候補者を探し出すのか?

【ヘッドハンターはどうやって候補者を探し出すのか?】 これは、よく聞かれる質問でもあります。 登録型とサーチ型とでは候補者サーチの方法が異なります。 サーチ型の場合は、クライアント企業様側に軸足を置いての採用コミットメン…

ベンチャー企業の採用動向には傾向がある?

【ベンチャー企業の採用動向には傾向がある?】 これからお話する内容は、決して全てのベンチャー企業に当てはまる訳ではありません。 ただ、転職活動時にこういった傾向を把握しておくことで、応募企業や関心の高い企業の状況を客観的…

採用要件【自制できる人】

採用要件【自制できる人】 採用企業が求める要件は様々です。 特にスキルや経験・実績以外の人物像に関しては各社特色があります。 これはエージェントサイドへの具体的な依頼がなかったとしても、合否の理由を紐解くとおおよそ「企業…

将来に対する「仮説」をどんどん立てていく

【将来に対する仮説をどんどん立てていく】 前回、「将来時点でのキャリアの優位性を考え続ける」というテーマを取り上げました。   その前提となる未来予測が「仮説」です。   現状の延長線上にない夢をいく…

業界の平均年収は重要です

【業界の平均年収は重要です】 仕事をする以上、見返りであるお金についても学んで行くことは非常に重要です。 ただ、特に高度な学びから始める必要はございません。 まずは自分が働いている業界、職種の実情を把握することから「実感…

挑戦のための「安定基盤」を作る

【挑戦のための「安定基盤」を作る】 キャリア人生も30代以降になると、無理に方向性を変えることはリスクに陥る可能性があります。 キャリア上のリスクとは「就業機会の減少」や「選択肢の減少」のことです。 それでも自分のやりた…

将来時点でのキャリアの優位性を考え続ける

【将来時点でのキャリアの優位性を考え続ける】 どういうことでしょうか? キャリアがビジネス上の付加価値と報酬の交換である以上、どうしても比較対象がある競争市場にならざるを得ません。 自分自身を労働市場で流通価値のある商品…

やりたいくない仕事にアサインされたらどうすべきか?

【やりたくない仕事にアサインされたらどうすべきか?】 そもそも、雇用されている立場で「やりたい仕事だけをやる!」というのは現実的に不可能です。 ただ、意外とこういった場面で悩むことが多いのも現実です。 キャリアかぶれの経…

守りに入るキャリアもありなのか?!

【守りに入るキャリアもありなのか?!】 もちろん、ありですよね。 人生には成熟する時期や、どうしても衰退していく時期があります。 社会やビジネスを取り巻く環境変化にも波があります。 守るべき時はしっかりと意識して、相応の…

自己をイノベーションできる人

【自己をイノベーションできる人】   ビジネスの現場は不条理です。   決して、綺麗なモデルケース通りにいかないことが多々あります。   綺麗なキャリアパスを描いていても、外部環境は常に変化…

マネージャーは「深く」考える習慣を

【マネージャーは「深く」考える習慣を】 30代前半で、IT企業役員になられた候補者様に「何が変わったのか?」「必要とされるスキルに変化はあるのか?」といった点をお聞きしました。   深く考えないとやっていけない…

スキルよりも「コト」を磨く

スキルよりも「コト」を磨く   キャリアパスの中心を、スキルや能力のアップだけにとらわれているといつのまにか市場価値が失われていく危険性があります。   あくまでもキャリア市場で評価されるのは「その人…

働きやすい会社は決算書で判断できるのか?

【決算書から働きやすい会社は判断できるのか?】 転職とは難しい決断です。 それは、転職先の内情が分からないから。 世の中は理不尽ですね。   では、上場企業や決算書などの開示情報はどれだけ転職先の判断材料になる…

伸び悩むビジネスパーソンの特徴【仕事そのものへの情熱の欠如】

【伸び悩むビジネスパーソンの特徴】   これは30代以降で急速に伸び悩むビジネスパーソンの特徴です。 転職活動で苦労する方の特徴ともいえます。   突き詰めると【仕事そのものへの情熱の欠如】が大きな影…

転職後、パフォーマンスを発揮できないビジネスリーダーの特徴とは?

【転職後、パフォーマンスを発揮できないビジネスリーダーの特徴とは】 重要なミッションを担い転職先に赴いたものの、人間関係や軋轢でリーダーシップを発揮できないエグゼクティブがいます。   もちろん候補者自身に非が…

「今の自分に満足できない、、、」そんなときはどうすればいいのか?

「今の自分に満足しない、、、そんなときはどうすればいいのでしょうか?」   ひとつの手段として「社会的役割を見直してみる」というものがあります。   キャリアというと仕事一辺倒に思われてしまいますが、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。